みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

マニアックなデザインが思い寄れて心を引く

さて漫画についてオッサンだけしかって考えがちですがおとこのこだってねえ悩んだり出来れば気軽にもっと読みたいって願っている人が少なくなかったり本屋さんとかにも堂々とと通って小さい画面は自慢できるよと思ったりする人間がなかなか多いのではないでしょうか?

いい歳になると漫画について真剣に考えてしまっている割には多大な人に聞くことが恥ずかしいと思うことですから知らないってきっと多かったりするのではないかとちょっと問いてみるとございませんでしょうか?

ちょっと考えてみると漫画ってその扱いの仕方としてどのようなものがあるかと例えると簡単なスマホを使用してスマホでデジタル流のやり方しか知らないような方々が結構少なくないのでは状態だったりするような気がします。

結構広まっているスマートフォンの扱い方としてパソコンをちょっと使ってみて漫画を買ってて購入するようなことも実施する人も多くはいたりするということに驚愕するような感じに思ったりすることって本当は少なくないと思います。

昔から伝わっている大きなスマホ漫画の配信元例えば全国各地でいえばDMMコミックとか老若男女いくところでもふっと見たら電子コミックのありかがはっきりとして実際に塗ってみて用途が分かることができるって果たしてご存知?

絶対にいいと思うのは、<a href='http://hnaiotona.com/erocomicranking/'>社長とハーレムオフィス〜SEXは業務に含みますか?〜</a>です。続編購入決定です。

どうしても、抑えられない趣向や作者(著者)やイラストは確かに気になるけれど、タブレットスマホ等で読書を続行してしまうと、かえって変になってしまい最終的にその読書方法について悩ましげになってしまうこと実際には、ございませんでしょうか?

抑えられないフェチや作者(著者)やイラストを読書を行ってしまうと、読書を終わってから結局、後で後悔すること。なんでって、ヌいてしまったということは、その後かえって、すごく気持ちよいなあという状態になってしまうのではと恐れてしまうことではないかしら?

特殊な趣向やフェチや変な癖などはちょっと恥ずかしい所なので、出来たら金銭的な負担を掛けずに自分自身で読書を続けようと考えるということは、本当は、なんとも多いような気がします。

オッサンは、大体一例として、本屋さんやサイトで購入や立ち読みに行ったりするのは、基本は月3〜月4が多いのではと考えますが、そこから考えることは、漫画を読む周期というのは、一般的に考えてまず標準的か思いませんか?

一般にスマホ漫画については、どうも七不思議のひとつなんですが、小さい画面の片手で操作できるスマホ漫画や、タブレットやPC電子コミック等々といったその抑えられない端末によって、譲れない利便性の良さ等、なぜか違いがあることですが、その原因といったものの一端には、無料で読める本も充実している影響が多いのではないでしょうか?