みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

Handyコミックの携帯漫画って変わったメカニクスが思い付くことができて効率が良い

ここにきて漫画についてオッサンだけって考えがちですが男性も実は悩み込んでいてどうにかして感動したりしたいなあと願っている人が多かったり本屋さんとかで頑張ったりして立ち読みできるようにしたいというような人たちが何とも多いような気が致します。

若い子は漫画についてその扱い方として思い詰めている割には周辺に対して秘密にしたいと思うことですから実情として知らないような人がきっと存在するのではとちょっと聞いてみたりすると無きにしも非ずという感があると思います。

ちょっと考えてみると漫画ってその扱いのやり方としてはどのような扱いになるのか例にしてみると手元にあるスマホとかスマホを取り出してデジタル流といったことしか知らない方々ってなんとも多いような状態だったりするような気がします。

一般的に言われている漫画の読書方法としてパソコン等をちょっと使ってみて漫画をキャリア決済等して読書するような形で実施する人も聞けば少なからず存在するという事実に結構意外って思ったりすることって内情としては結構少なくないのではないでしょうか?

一般的に言われているスマホ漫画の配信元、例えばインターネットにはあるHandyコミック等とかちょっと考えればわかるところでも簡易に電子コミックが扱ってあって実際にどのような仕様になっているかそれが試せることがありませんかねえ。

特殊な趣向や作者(著者)やイラスト等は気になるものですが、いざタブレット等々利用して読書を始めてしまうと、そわそわしてしまって結局その対応について思い悩んでしまうということ結構、

自身のフェチや絵の好き嫌い等々結局、後で結局、後悔後に絶たずと思うこと。どうしてかというと、ヌいてしまったら、もっとすごく気持ちよくなってという状態になるのではといったことだと思いますが。

自身の趣向やフェチや変な癖といったものについてはあまり人に見せない自分だけのモノなので、出来たら、なるべくお金を掛けずに自分で読書を続行してしまおうと考えてしまうということは、多い気が致します。

オッサン一般に大体としては、一般的に、購入に行くのは、月に一度が普通かなと思いますが、そこから考えると、漫画を読む周期というものは、普通には約10冊かと思いませんか?

一般にスマホ漫画において、どうも七不思議のひとつといえば、片手で操作できるスマホ漫画や、髭といったその端末の相違で、リアルの紙の本にない利便性の良さ等に、なぜか相違があります。その原因といったものの一端には、場所をとらない(持ち運びが容易)が大いに関係なんとも多いような気がします。