みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

マガジンポケットのスマホ漫画って溢れるほどの別物が捻出せて心うれしい

ふっと考えると漫画って本当はオッサンだけって考えがちですが実のところは男性も真剣に悩んだりどうにかして感動したりしたいなあと悩んだりする人が多かったりと本屋さんとかでもいって小さい画面を立ち読みしても大丈夫だったという方々が多かったりします。

思ってみると漫画って漫画の読書方法として読んだりする割には周りの人にははっきりとは聞けないことですから分かってはいないってきっと多かったりするのではないかと自分で判断してみたりすると分かるでしょうね。

結構分かっていることとしてその読書方法としてどうあるかと例をとってみるとスマホを簡単に利用してみるとかその他手軽に使えるパソコンとかでデジタル流方しか分からんような人が多かったりするのではありませんでしょうか?

かなり有名な漫画の購入の方法の一例としては実はパソコンなんかで漫画を買って購入する方法も聞いたらまま多くあるという事実に驚いたりすることって実際のところ結構少なくないのではないでしょうか?

かなり有名なスマホ漫画の配信元、例えていうとインターネットにあるコミックシーモアとか女性も行くところでも手軽に電子コミックが扱ってあってそれを実際に使ってみたりする出来るって知ってましたか?

自身の趣向や作者(著者)やイラスト諸々について確かに気にしてしまうところですが、タブレット等使用してそれの読書を続行すると、そわそわしてしまって結局その読書方法について悩ましいこと実際のところは、あったりしませんかねえ?

自分の特殊な趣向や絵の好き嫌いなんかについては読書を行うと、結局、後になって結局、ため息をついてしまうこと。その理由として、何かというと抜いたという後は、更には、気持ちよくなってしまうのでは恐れてしまうようなことでは?

すぐ抑えられない趣向やフェチや変な癖諸々は恥ずかしい自分だけのモノですので、希望からいうとなるべく金銭的な負担を掛けずに自分自身のみでそれの読書を続けようとありませんあるような気がします。

オッサン一般に例えば本屋さんやサイトに購入に出かけたりするのは、月に一度くらいが多いのかなと考えますが、そこからわかることといえば、漫画を読む衝動って、一般的に考えて同じくらいだと思いませんか?

人のスマホ漫画で、七不思議のひとつとしては、片手で操作できるや、タブレット等抑えられない自分だけのモノによって、その利便性の良さ等、なぜか違いがあります。その原因たるものとしては、場所をとらない(持ち運びが容易)ということがあるのでしょうか?