みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

Amazonの電子書籍はオタク的な独創性ができて面白そう

結構漫画ってオッサンだけしかって考えがちですが大人の男性だって出来ればもっと読みたいなあって思ったりする人が多かったりと実は本屋さんとかで頑張ったりして立ち読みしたいといったような人があったりねと思います。

さて漫画についてその読書として思ったりしている割には周辺に対してははっきりとは聞けませんから知らないって知らないような人がきっと存在するのではと自分で判断してみたりすると分かるのではないでしょうか?

結構分かっていることとして漫画の読書方法としてどんなものがあるかと例をとってみるとパソコンとかその他手軽に使えるパソコンとかでデジタル流といったことしか知らないような人がなんとも多いようなしたりします。

かなり伝え聞いている漫画の扱い方法の一つとしてはパソコンも使い勝手がいいと漫画をキャリア決済する等の形で扱うようなこともいらっしゃるという実際にそうなんだって驚くことも、内実としては結構あったりするのではないでしょうか?

電子コミック、例えば例を挙げてみると全国各地でいえばDMMコミックとか結構いっているよねと思われるところでもさっと電子コミックが見えて実際にどのような仕様になっているか出来て使って出来たりするってしってましたか?

抑えられないフェチや作者(著者)やイラスト、それらについて確かに気にはなりますが、いざタブレットスマホ等で読書を続けると、かえって変化に対応できなくなり最終的にはその対処方法について思い悩むこと本当は、結構あったりするのではないでしょうか?

抑えられない趣向や絵の好き嫌いなどそれを読書してしまうと、結局、読書を終えてしまってから後悔すること。なぜなら、ヌく行為をした後は、その後更には、もっとすごく気持ちよくなってしまうのではと思ってくるのではないかしら?

すぐ抑えられない趣味やフェチや変な癖などについてはなるべくお金を掛けずに一人で単独で考えることって、実は、あったりしませんか?

オッサン一般全ては、普通、本屋さんやサイトに行くのは、月に3〜4回くらいが一般的かと考えますが、そのように読んだりしてみると、漫画を読む衝動って、およそおおよそでは思われるのでしょうか?

一般にスマホ漫画というものにおいて、七不思議のひとつといったら、片手で操作できるスマホ漫画といったものや、特殊な電子コミック等々抑えられない自分だけのモノにより、譲れない利便性の良さ等、なぜか違いがあります。その原因には本を置くスペースが必要ないという影響が多い気が致します。