みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

DMMコミックの漫画って人それぞれの構造が歯応えがあって

真剣に考えると漫画ってオッサン特有かもしれませんが若い人でも悩んだり見せないようにできたらいいなと考えてしまっている人が少なくなかったり本屋さんとかでもいって本を読んでも全然平気であるように見せたいと読んだりする人間が無きにしも非ずという感があると思います。

ここでふと思ってみよう漫画ってその扱いの仕方として思ったりする割には多くの人にはっきりとは聞けないことですからほんとのところはいう人々がちょっと問いてみると結構あったりするのではないでしょうか?

ふっと考えると漫画ってどのような扱いになるのか例えてみると例えばパソコンとかスマホとかデジタル流の方法しか言えない人が少なくなかったりするのでは思ったりしております。

かねてのいわゆるスマートフォンといわれる読書の方法としてパソコン等も持ち出してきて漫画を買ったりして読書する方法をする人も少なからずもいたりするということに後ほど驚いてしまうことに、実際にはありませんかねえ。

かつてのインターネットにあるamazon楽天ブック等誰でも直ぐには分かる電子コミックでも直ぐ見えるところに電子コミックの自分だけのモノが分かり実際に無料立ち読みでも用途が分かることが出来たりするって本当?

面白くてビックリしたのは<a href='http://hnaiotona.com/yowamiwonigitte/'>弱みを握ってヤりたい放題!〜人妻管理人になったオレ</a>です。愛される漫画です。

どうしても、抑えられないフェチや作者(著者)やイラストについて確かに気になりますが、いざタブレット等でヌいてそれの読書を続行すると、かえって落ち着かない感じとなってしまって結局その読書方法について思い悩ましげになるようなこと実のところとしては、少なくない気が致します。

抑えられない趣向や絵の好き嫌い等について読書を続行してしまうと、後のことを考えてやっぱりやらなきゃよかったと思うこと。それって、なんでかというと更に結構気持ちよいなあという状況になってしまうのではと恐れてしまうことでは?

特殊な趣向やフェチや変な癖、それらについてちょっと恥ずかしい所ですので、出来るなら金銭的な負担を減らして一人で、こっそりとそれの読書を行ってしまおうと思うようなことって、ない多い気が致します。

普通一般には、購入に行ったりするのは、月3〜4回の予定が一般的かなと思いますが、人の漫画を読む周期というのは、およそ10冊位かという状態だったりするような気がします。

一般にスマホ漫画というものは、どうも不思議なことのひとつには、片手で操作できるスマホ漫画、タブレットやPC電子コミックといったその抑えられない端末により、リアルの紙の本にない利便性の良さ等に、違いがあることですが、その理由といったものには、場所をとらず、何冊分も持ち運べるという関係がないでしょうか?