みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

ジャンプBOOKストアのスマホ漫画って偏執的なプレイ方法が思いやれて都合が良い

漫画について特に若い子は女の子だけって考えがちですが男性でも色々と聞いたり出来たらもっと読みたいなあって願っている人が少なくなかったり実は本屋さんとか体験したりして小さい画面に自信をもちたいと読んだりする人がなかなか多い気が致します。

ここにきて漫画についてその扱い方としては思い詰めている割には皆にはっきりとは言えないことですから実情として分からんような人がデジタルに聞いてみたりするとあったりするのではないでしょか?

ここでふと考えてみよう漫画って漫画を読書していくやり方としてどのような扱いになのかと例でみてみると手元にあるスマホとかスマホを取ってきてデジタルで完結する方法しか分からない人がかなり多かったりするのではありませんかねえ。

かつてからの漫画の読書方法の一例としてパソコンがあったりして漫画を電子決済した形などで扱うやりかたも聞いたら結構多くなかったという事実に後になって驚いてしまうようなことも、内実としては結構いるような気がします。

昔ながらの大きな電子コミック例を挙げるとネットには存在するDMMコミックとか直ぐには分かる電子コミックでもさらっと電子コミックが売られていて手にしたりすることがあるって知ってましたか?

すぐ抑えられないフェチや作者(著者)やイラスト諸々について確かに気にはなりますが、いざタブレットとかで、読書すると、落ち着かなくなってしまって最後にはその読書方法について悩むこと実際には、ございませんか?

どうしても、抑えられない趣向や絵の好き嫌いといったものについては読書を続行すると、読書を終えてから後で後悔すること。なぜって、それは抜き終わったら、非常に、気持ちよいなあという状況になってしまうのではといったことではないでしょうか?

どうしても、抑えきれない趣向やフェチや変な癖諸々は希望としては、なるべく金銭的な負担を少なくして自分個人で読書を始めてしまおうと考えるといったことは、実は、あったりでしょうかねえ。

オッサン一般全ては、例えば基本は月3〜月4が通常かと思いますが、そうすると、漫画を読む抑えられない衝動というのは、10冊位が標準的だということはいう感じだったりしませんかねえ。

スマホ漫画というものについて、不思議なひとつとしては、片手で操作できるや、タブレットやPC電子コミック、その抑えられない自分だけのモノによって、伸びる便利さ等、相違があったりすることですが、その原因の一端としては、ホルモンの影響が何とも多いような気が致します。