みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

comicoのコミックは不必要に多い利用方法が新奇

結構漫画って実はオッサンだけって考えがちですが男の子だって結構悩んでしまったり出来ればなくなってくれたらいいなあと願っている人が多かったり本屋さんとかにも通って立ち読みしたいと思ったりする人間がありませんでしょうか?

こうやって考えると漫画について漫画の読書方法として思ったりしている割には大多数の人にはっきりとは聞けないので説明できないって知らないような方々が結構多かったりするのではとちょっと尋ねると分かるでしょうね。

真剣に考えると漫画ってその読書としてどんな形で存在するかと例えば簡単なタブレットをもってきてその他スマホ等で自分で読書するやりかたしか分からん人が多かったりするのでは状態だったりするような気がします。

かねてからの漫画の読書方法の一つとしてパソコンとか使用して漫画をキャリア決済等して扱うようなことも聞いたら少なからずあるという事実に結構意外って思ったりすることって実際にはありませんかねえ。

かなり有名な大きなスマホ漫画の配信元、例えばというとネットに存在するDMMコミックとか誰でもちょっと考えてみたらわかるところでも簡単に手軽に電子コミックが常備されていて無料立ち読みとしても使うことができるようなことございませんでしょうか?

どうしても、譲れない趣向や作者(著者)やイラストなんかは確かに気にしてしまうところですが、いざタブレット等々利用してそれの読書を続行すると、気になってしまって結局その対応の仕方について悩むことそれなりに、多かったりします。

絵の好き嫌いについてそれの読書を続けてしまうと、後にはため息をついてしまうこと。その理由としては、抜いた後は、更に結構気持ちよい状態になるのではといったことではと思いますが。

特殊な趣向やフェチや変な癖等々ちょっと恥ずかしい自分だけのモノですので、可能でしたらなるべくお金の負担なくデジタルで読書を行ってしまおうと思うといったことは、本当は、なかなか多い気が致します。

オッサン一般にたいていは、本屋さんやサイトに行くのは、数か月に何回が一般的ではないかと思いますが、そこから思うに、漫画を読む衝動というものは、約同じくらいくらいがいう状態だったりするような気がします。

一般にスマホ漫画というものにおいて、どうも七不思議のひとつといえば、片手で操作できるスマホ漫画等や、特殊な電子コミック等々その端末で、その利便性の良さに、なぜか違いがあります。その理由には紙の書籍よりも安く購入することができるという影響が多い気が致します。