みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

まんがこっちのスマホ漫画はアングラな専売特許がエスプリ効いていて利益となる

ここでふと考えてみよう漫画っておんなのこ特有かもしれませんが男性も実は結構よんだり可能だったら興奮したいなあ考える人が多かったり実は本屋さんとかで頑張ったりして小さい画面を立ち読みしたくなるというような人たちが何とも多いような気が致します。

ここにきて漫画についてその扱い方法として思ったりしている割には周りの人には聞くことが恥ずかしいと思うことですから伝えることができないって言えない人がかなりの多かったりするのでと自分に問い直してみると結構あったりするのではないでしょうか?

普通考えられることとしてその扱いのやり方としてはどのようなものあったりと例でみてみるとスマホとかスマホを取ってきて自分で簡単に出来る方法しか知らない方々ってございませんでしょうか?

皆が知っている漫画の購入の方法の一例としてはパソコンも持ち出してきて漫画を買ったりして購入するやり方も結構多くなかったという事実に後ほど驚くようなことに、内実は多かったりします。

結構広まっているスマホ漫画の配信元、例を挙げていうとインターネットにあるDMMコミックとか誰でも知られているところでもはっきりと見えるところに電子コミックが店小さい画面にあって無料立ち読みがって使ってみたりするあるのでしょうかねえ?

抑えられない趣向や作者(著者)やイラストなどは気になる部分ですが、それを読書したりすると、かえって落ち着かなくなってしまって結局その購入の方法について悩むこと実際かなり、ございませんか?

特殊な趣向や作者(著者)やイラストを読書を始めてしまうと、結局、読書してから怖くなってしまうこと。それって、抜き終わったら、後で更に、もっと気持ちよい状態になるのでは思ってくるのではないかしら?

自身の趣向やフェチや変な癖等は恥ずかしい所なので、出来ることならばお金の負担なく一人で単独で読書してしまおうと思うことは、実のところ、多いのではないでしょうか?

オッサン一般に大体は、普通、本屋さんやサイトへ行ったりするのは、月3〜月4の予定が一般的かなと思いますが、そこから思うと、漫画を読む抑えられない衝動としては、約同じくらいくらいが普通ではないかということあったりしませんでしょうか?

不思議なことは、小さい画面の片手で操作できるスマホ漫画や、その抑えられない自分だけのモノにより、そのリアルの紙の本にない便利さ等、なぜか相違あることですが、その理由として、まとめ買いがしやすいことの影響等が多いのではないでしょうか?