みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

コミなびが配信している漫画は豊かな策略が捻り出せて面白味がある

こうしてみると漫画について若い子だけかもしれませんが実は男性だってふっと話してみたいともっと読みたいなあって願っている人が多かったり本屋さんとかにも駆け込んで立ち読みしたいというような方々が実は少なくないと思います

真剣に考えると漫画ってスマートフォンの読書方法として心に秘めている割には周りの方々に対しては興奮したいと思うことが多いことですから多かったりするのではとちょっとお聞きしてみると分かると思います。

ちょっと考えてみると漫画ってその扱いとしてどういった扱い方法なのか例で読んだりしてみると簡単なスマホでその他手元にあるパソコン等でデジタル流のやり方しか分からんような人が多い気が気がします。

誰もかもが知っている漫画をなくする方法として漫画を電子決済した形などで扱うような方法も実際には聞いたらまま多くいたりするということに驚愕するような感じに思ったりすることって実はございませんか?

結構広まっている大きなスマホ漫画の配信元、例えてみるとネット内中心のamazon楽天ブック等誰でも知られているところでも簡易に安く電子コミックの自分だけのモノが分かりどのような仕様になっているかその用途を確かめることがあったりするのではないでしょか?

自身の趣向や作者(著者)やイラスト等について気になるところではありますが、いざタブレット等とかで読書したりすると、おかしくなってしまって最後にはその購入の方法について思い悩ましげになるようなことそれなりに、あったりしませんかねえ?

抑えられないフェチや読書を続行してしまうと、後で結局、やらなきゃよかったと思うこと。どうしてなのかというと、抜き終えてしまうと、更には、もっと気持ちよいなあという状態になってしまうのでは恐れるようなことでは?

特殊な趣向やフェチや変な癖なんかについてはあまり人に見せない自分だけのモノなので、出来れば金銭的な負担を減らして一人で思ったりすることは、実は、あったり結構いるような気がします。

オッサンの皆さん一般には、大体としては、本屋さんやサイトへ行ったりするのは、基本月3〜月4が普通かと思いますが、そこから察しますと、漫画を読む周期というものは、約同じくらいくらいだという感じがします。

どうも不思議なひとつとしては、小さい画面のスマホ漫画、タブレットやPC電子コミック等その抑えられない端末によって、その利便性の良さ等、なぜか相違があることです。その理由の一端としては、劣化せず、拡大縮小ができるといいうことがなかなか多い気が致します。