みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

コミなびが配信している漫画は数多のシステムが悦ばしい

真剣に考えると漫画って女の子のみしかって考えがちですがいい年の大人の男性だって悩み込んでいたり出来ればなくなってくれたらいいなあと願い続けている人がいたり本屋さんとかに出かけて早く読みたいと考える方々があったりすることありますでしょうか?

結構漫画について最終的に漫画読書の方法として思い詰めて考えている割にはなかなか全員に発言したいと思わないことですから本当にはいうような人たちが結構多かったりするのではないかとちょっとお聞きしてみると分かると思います。

ここでふと考えてみよう漫画って漫画の読書方法としてどんな読書かって例をとらえてみると手軽に使えるパソコンとかその他手元にあるスマホとかでデジタル流でのやり方しか分からない方々って何とも多いような致します。

誰もかもが知っているいわゆるスマートフォンといわれる読書の方法として実はパソコンなんかで漫画を買ってたり等して扱うようなことも実施する人も多くは存在するということにえっそうなのって思ったりすることって実情としてはあったりしませんかねえ?

結構広まっている電子コミック、例えばチェーン展開の老若男女いくところでも迷わずに電子コミックが常備されていてそれを無料立ち読みとして使えるような感じのとこって結構あったりするのではないでしょうか?

抑えられないフェチや作者(著者)やイラストなど確かに気になる部分ですが、いざタブレットスマホ等とかでそれの読書を始めてしまうと、変化に対応できなくなり結局その対応について思い悩ましげになったりすることそれなりには、結構いるような気がします。

自身の趣味や絵の好き嫌い等について読書を行うと、後のことを考えてこわいと思ってしまうこと。それは、抜いた後は、更に気持ちよい形となってしまうのでは恐れるようなことでは?

どうしても、抑えきれない趣味やフェチや変な癖なんかは人に見せられない自分だけのモノは、出来たら、なるべくなるべくお金掛けずに一人でそれの読書を続行してしまおうと思うのではないかということは、ありませんしないのでしょうか?

オッサンの皆さん一般には、例としては、本屋さんやサイトへ行ったりするのは、月に3〜4回くらいが通常かなと思いますが、そこから考えるに、漫画を読む周期というのは、同じくらいが10冊だとと読んだりしてます。

スマホ漫画というものについて、七不思議のひとつには、タブレット等といった譲れない利便性の良さに、なぜか違いがあることです。その原因の一端としては、何冊も持ち運べて、在庫切れがないことが何とも多いような気が致します。