みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

コミックフェスタのスマホ漫画は数が多い発達方法が精良で便利である

さて漫画についておんなのこ特有かもしれませんがいい年の大人の男性だってふっと読んだりなんとか感動したりしたいなあと願っている人が多かったり本屋さんとか実は行ったりして立ち読みしたいといった人たちがあったりねと思います。

ちょっと考えてみると漫画ってその扱い方法として真摯に思っている割にはなかなか公に口に出しては言いづらいことですから知らないなあっていうような人がきっと少なくないのではないかとちょっとお聞きしてみると

ふと考えてみると漫画って最終的に漫画読書の方法としてどのような扱いか例えてみるとタブレット機なんかやその他スマホ等でデジタル流の方法でしか少なくなかったりするのではございませんか?

結構前から漫画を気にならなくする方法としてパソコン等も実は有用だったりして漫画を読書する形で扱うような方策もする人も少なからずもいらっしゃるという実情に驚くことも、実際本当のところ結構あったりするのではないでしょうか?

結構伝え聞いている大きな電子コミック例えばネットを中心としているコミなび等女性も行くところでも結構すぐに電子コミックが見られて実際に無料立ち読みでも実際に使ってみたりすることがあったりしませんかねえ?

自分の特殊な趣向や作者(著者)やイラストについて確かに気になりますが、いざタブレット等とかでそれの読書を続けてしまうと、かえっておかしくなってしまって最終的にはどのように読書したらいいのか思い悩ましげになったりすることそれなりに、あったりしませんかねえ?

どうしても、抑えきれないフェチや絵の好き嫌い諸々はそれの読書を続けると、結局、終わってから後悔をしてしまうようなこと。なぜって、それを言うとヌいてしまったということは、その後更には、もっとすごく気持ちよくなるのではとといったことでは?

どうしても、抑えきれない趣味やフェチや変な癖等は希望としては、なるべくお金掛けずに一人で読書したりしようと読んだりするようなことは何とも多いのではないかしら?

男性一般の方々は、例として、購入へ行ったりするのは、10冊に3〜4回が一般的かなと思いますが、そこから考えるに、漫画を読む周期って、10冊位がまず標準的かいう状態だったりするような気がします。

七不思議のひとつなんですが、小さい画面のスマホ漫画、タブレット等という譲れない自分だけのモノで、その利便性の良さ等、違いがあることです。その原因たるものとしては、紙の書籍よりも安く購入することができるという影響があるような気がします。