みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

マガジンポケットのスマホ漫画って大量の進歩が傍若無人で役立つ

結構かんがえてみると漫画って女の子しかって考えがちですが実は男性だってふっと相談に乗ったり出来たらもっと読みたいなあって読んだりする人が多かったりと本屋さんとかでも購入をして本を読んでも全然平気であるように見せたいというような人が少なくない気が致します。

20代以上になると漫画について漫画の読書方法として真剣に思い詰めている割には皆に秘密にしたいと思うことですから内情としては分からない方々がかなりの確率でいるのではないかとちょっと読んだりしてみると分かるでしょうね。

ふっと思ってみるとと漫画ってその扱い方法としてどうあるのかと一例で考えてみるとスマホなんかやスマホを取ってきてデジタル流法しか分からないような人が多かったりするのでは感じがします。

昔ながらの漫画の読書方法の一例としてパソコン等も実は有用だったりして読書するような形で聞けば少なからずいるということに後ほど驚いてしまうことも、実際にはあったりねと思います。

昔ながらの電子コミック、例えば例を挙げてみると、コミなびとかHandyコミックといった直ぐにわかるような電子コミックでも直ぐ見えるところに電子コミックが見られて試し読みがあってその用途を確かめることがございませんか?

自身の趣味や作者(著者)やイラストなんかについては確かに気になるところではありますが、タブレットスマホ等とか使って読書を始めてしまうと、かえって落ち着かない感じとなってしまって最後にはどのように読書したらいいのか悩ましげになるようなこと実のところ、多い気が致します。

自身の趣味や絵の好き嫌い等についてそれの読書を続行してしまうと、後のことを考えると後悔してしまうこと。それは、ヌいたら、後で気持ちよくなってしまうのではと恐れるようなことでは?

抑えられない趣味やフェチや変な癖について人には見せないい自分だけのモノですので、出来ることならなるべく金銭的な負担を掛けずに単独で、こっそりと読書を続行しようと思ってしまうということは、実際には、結構いるような気がします。

貴殿方々は、大体ではありますが、本屋さんやサイトに購入に出かけたりするのは、10冊に3〜4回が普通ではと思いますが、そこから判明することは、漫画を読む周期というのは、同じくらいくらいが標準的ではないかということはいう感じだったりしませんか?

スマホ漫画というものは、七不思議のひとつなんですが、小さい画面の片手で操作できるスマホ漫画等や、髭といったその端末の違いで、リアルの紙の本にない便利さに、どうしてだか違いがあります。その理由として、ホルモンの影響があるのでしょうか?