みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

まんがこっちの携帯漫画ってマイナーなメカニクスが考えられて面白い

結構漫画ってオジサンだけかもしれませんが男性だって悩んでしまったり可能だったらなくなってくれたらいいなあと読んだりする人が多かったりと実は本屋さんとかにも行ったりして立ち読みしたいといったような人が何とも多いような気が致します。

漫画について特に若い子はスマートフォンの扱い方として心に秘めて思い悩んでいる割には大多数の人に口に出して言い難いことですから説明できないっていうような人がきっと少なくないのではないかとちょっと自分に問いてみると分かりませんかねえ。

ノーマル的にはつまるところ漫画読書の方法としてどのような扱い方なのか例えてみるとパソコンとかスマホで自分で扱うことのできる方法しか分からない方々って多いのではないかとございませんか?

巷で有名な漫画の読書方法としてパソコン等も実は有用だったりして漫画をキャリア決済等で扱うようなこともする人も聞けば少なからずあるということに驚くことも、実際実際のところありませんかねえ。

かなり伝え聞いている大きな電子コミック、例えていうとネット中心のコミなびとか口に出したらわかるところでも直ぐ分るところに電子コミックを目にできて試してみてもその用途を確かめることが出来るなんて凄いですね。

避けられない趣味や作者(著者)やイラストとかは確かに気になるものですが、いざタブレット等とかで読書すると、かえって気になってしまって結局その対処方法について悩むということ実際のところは、多い気が致します。

どうしても、抑えきれない趣向や絵の好き嫌い等などはそれの読書をすると、後になってしまってからこわいと思ってしまうこと。それは、ヌいたら、更には、すごく気持ちよいなあという状態になってしまうのではといったことではないかしら?

どうしても、譲れない趣味やフェチや変な癖などについてはあまり人に見せない自分だけのモノですので、希望からいうと、なるべくなるべく金銭的な負担を少なくして一人で単独で読書を続行してしまおうと思ったりすることは、実のところは、しませんか?

オッサンの皆さん、大体大体としては、購入へ通うのは、数か月3〜4回が一般的ではと思いますが、そう読んだりすると、漫画を読む周期としては、およそ一ヶ月位という感じだったりします。

スマホ漫画について、七不思議のひとつといえば、小さい画面に抑えられないスマホ漫画といったものや、タブレット等といったその端末の違いで、その利便性の良さ等、違いがあることですが、その原因として、紙の書籍よりも安く購入することができるという影響があるような気がします。