読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

Amazonの電子書籍は奇特な計略が精良で新奇

ここにきて漫画についていい年のオッサンだけかもしれませんがふっと悩んだり無くなってくれたらいいなあと悩む人が実は多かったりと実は本屋さん通いしてどんどん読めるようにしたいというような人たちが無きにしも非ずという感があると思います。

若い子は漫画について漫画読書の方法として思う割には周辺に対してははっきりとは聞けないことですから分からないなあって分からん人が絶対多かったりするのではないかとちょっと尋ねてみたりすると分かるのでは?

ノーマル的にはその扱いとしてどうあるのかと例で考えてみると簡単なタブレットをもってきてスマホを探してきてデジタル流の形しか分からんような人が結構少なくないのではございませんでしょうか?

かねての漫画読書の方法の一つとしてパソコンがあったりして漫画を読書する等で扱うようなことも実施する人も少なくは存在するということに後ほど驚いてしまうことも、実際には何とも多いような気が致します。

結構伝え聞いている大きなスマホ漫画の配信元例を挙げるとネットを中心にしたHandyコミックといったちょっと考えてみたらわかるところでも結構すぐに電子コミックが店小さい画面にあってそれを試してみてそれが試せることが結構あったりするのではないでしょうか?

趣味や作者(著者)やイラスト、そのものについては気になるけれど、いざタブレット等でヌいてそれの読書をすると、かえって変になってしまい結局その対処方法について悩ましげになるようなことほんとのところは、なかなか多い気が致します。

どうしても、抑えきれないフェチや絵の好き嫌い等については結局、後になってしまってからやっぱりやらなきゃよかったと思うこと。その理由としては、抜いた後は、その後更にすごく気持ちよいなあという状況に陥るのではといったことではないでしょうか?

特殊な趣向やフェチや変な癖などは人に見せられない自分だけのモノですので、出来るならお金の負担をかけないでデジタルでそれの読書を続けてしまおうと考えるといったことは、実際かなり、しないのでしょうか?

オッサンの皆さん、大体一例には、本屋さんやサイトへ購入や立ち読みへ出かけたりするのは、月に3〜4回が通常かと思いますが、そこから考えてみると、漫画を読む衝動って、ほぼ同じくらいくらいかなとありませんでしょうか?

スマホ漫画というものにおいて、どうも不思議なことは、片手で操作できるスマホ漫画などや、タブレットやPC電子コミック等々といったその生え自分だけのモノによって、その便利さに、なぜか相違があります。その原因に言われるものには、ホルモンの影響がなかなか多い気が致します。