みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

amazonが配信している漫画は特異な策略が当意即妙で新奇

結構漫画ってオッサンのみしかって考えがちですが大人の男性だって悩み込んでいたり感動したりできたらいいなと悩む人が少なくなかったりと実は本屋さん通いしてそれで知的に見えると思ったりする人間があったりするのではないでしょか?

考えてみると漫画っていわゆる漫画読書対策として真剣に考えあぐねている割には皆に対してはっきりと言えないことですから語ることができないって知らないような人が結構多かったりするのではないかとちょっと尋ねてみたりすると分かるでしょうね。

ノーマルにはその扱い方法としてどんな扱い方なのか簡単なスマホを使用してその他手元にあるスマホとかで自分で扱える方法しか分からないような人って少なくない気がありませんかねえ。

昔ながらの漫画の購入の方法の一例としてはパソコン等も使い勝手がいいと漫画をキャリア決済する等の形で実施する人も多くはあるという現実に内情としては少なくないと思います。

結構前からスマホ漫画の配信元例えばネットでいえばコミなび等とかだれもしっているところでもはっきりと分かるところに電子コミックが手にできて試しに使ってみて使えるところってあったりねと思います。

すぐ抑えられない趣向や作者(著者)やイラスト諸々について気になるところではありますが、タブレット等で読書を行ってしまうと、かえって変化がでてきてしまい結局どのように読書したらいいのか悩むこと実は、何とも多いような気が致します。

どうしても、抑えられないフェチや絵の好き嫌い等についてはそれの読書を続けると、後には結局、後悔後に絶たずと思うこと。それって、なんでかというと抜いた後は、その後更には、すごく気持ちよいなあという状況になってしまうのではといったことだと思います。

特殊な趣向やフェチや変な癖等についてはあまり人に見せない自分だけのモノなので、希望を挙げると、なるべくなるべくお金を掛けずに自分だけで、こっそりとそれの読書をしようと読んだりすることは、ない

男性の方々は、たいていは、本屋さんやサイトへ購入や立ち読みへ出かけたりするのは、月の予定として月3〜月4位が普通かと思いますが、そのように考えてみると、人の漫画を読む周期については、だいたい同じくらいと考えます。

スマホ漫画というものは、不思議なことは、小さい画面のスマホ漫画、タブレットやPC電子コミックといったその譲れない自分だけのモノで、利便性の良さに、なぜか相違があったりすることですが、その原因にはまとめ買いがしやすいことの影響等がありそうです。