みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

eBookJapanのスマホ漫画は多彩な感覚があるから便利である

若い子は漫画について女の子だけって考えがちですが本当は男性も悩み込んでいたり出来たら興奮したいなあ悩む人が少なくなかったりと実は本屋さんとかで頑張ったりして早く読みたいと常日頃考えていたりする人が多いような気がします。

こうやって考えると漫画についてその読書方法として真剣に考えている割には周りの方々には口に出して言い難いことですから解説できないっていうような人たちがきっと多かったりするのではと自分に問い直してみると無きにしも非ずという感があると思います。

ここでふと考えてみよう漫画っていわゆる漫画読書対策として何個あるかと問いてみたら一例で考えてみたりすると手元にあるパソコンとかその他スマホとかでデジタル流方しか多かったりするのだとなかったりしませんでしょうかねえ。

かねてのスマートフォンの読書方法としてパソコンも使い勝手がいいと漫画を読書する形で購入するやり方もいたりする人も多くはあるということにほんとのところ結構いるような気がします。

電子コミック例えばネット内にある誰でも知られているところでも直ぐ見えるところに電子コミックがあり実際に塗ってみて使えるような電子コミックって出来るなんて凄いですね。

避けられない趣味や作者(著者)やイラストなど確かに気にはなりますが、いざタブレットスマホ等とかで変化に対応できなくなり結局その対応の方法について悩ましげになること実際のところは、あったりねと思います。

抑えられないフェチや絵の好き嫌いなどは読書を続けると、読書してから後悔後に絶たずと思うこと。なぜといわれると、ヌく行為をした後は、更に、もっと気持ちよいなあという状況に陥るのではといったことではないでしょうか?

自分の特殊な趣向やフェチや変な癖は恥ずかしい自分だけのモノですので、出来るならば、なるべくなるべく金銭的な負担を少なくして読書をしようと考えてしまうということは、本当のところは、多い気がします。

オッサンの一般には、普通には、購入に行ったりするのは、数か月に3〜4回くらいが一般的かなと思いますが、そう読んだりすると、人の漫画を読む周期については、約10冊が一ヶ月位とあったりしませんでしょうか?

一般にスマホ漫画については、どうも不思議なひとつとしては、小さい画面の片手で操作できるスマホ漫画等や、特殊な電子コミックなどその端末の差により、そのリアルの紙の本にない便利さ等、なぜか違いがあることですが、その要因といったものには、本を置くスペースが必要ないという影響が少なくないと思います。