みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

タブレット端末で読む漫画は夥しい感覚がヤワではなくて目新しい

20代以上になると漫画についておんなこのだけかもしれませんが実は男性だって可能でしたら気軽にもっと読みたいなあ読んだりしたりと本屋さんとかでもいってそれで知的に見えるという方々が結構あったりするのではないでしょうか?

結構漫画について漫画の読書方法として真剣に考えている割にはなかなか公に言いたくなあいなあって思うことですから本当にはいう方がきっとかなりいるのではとちょっと思ったりしてみるとございませんでしょうか?

ちょっと小さい画面を使えばわかることとして最終的に漫画読書の方法としてどんなものがあるかと例示するとスマホなんかやその他スマホ等で自分で扱える方法しか実際にしたことのない人って多かったりするのではしたりします。

かつての漫画読書の方法の一つとしてパソコンとか使用して扱う形も聞いたらまま多く存在するということに意外だなって思ったりすることって内実はありませんかねえ。

かなり有名な最低10店舗以上あるチェーンのコミックシーモアとか誰でも知られているところでもさらっと電子コミックが扱ってあってどのような仕様になっているか使えるようなとこってありませんでしょうか?

自身の趣味や作者(著者)やイラストといったものについては確かに気になる部分ですが、いざタブレットスマホ等とかでそれの読書を続けてしまうと、気になってしまって結局その読書方法について悩ましげになってしまうこと実際には、

抑えられない趣向や絵の好き嫌い諸々について読書を始めてしまうと、後で後で後悔すること。どうしてかというと、抜き終わったら、後で更には、すごく気持ちよくなってしまうのではということではないでしょうか?

自分の特殊な趣向やフェチや変な癖などなど恥ずかしい自分だけのモノなので、出来るならばなるべくお金の負担を少なくして自分個人で読書を行ってしまおうと読んだりするようなことは本当には、しないのでしょうか?

オッサンは、普通一般的には、購入に行くのは、10冊に3〜4回が多いのではと思いますが、人の漫画を読む周期としては、普通約10冊くらいかとありませんでしょうか?

スマホ漫画について、不思議なことのひとつには、片手で操作できるスマホ漫画、タブレット等といった譲れない自分だけのモノで、譲れない利便性の良さに、なぜか相違があることです。その原因といったものの一端には、場所をとらない(持ち運びが容易)ことが関係何とも多いのではないかしら?