みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

マンガBANG!のスマホ漫画ってアンダーカルチャーな作戦計画が着想できて有益

20代以上になると漫画について若い子特有かもしれませんがおとこのこだってねえ悩んでしまったり可能だったら興奮したいなあ実は本屋さん通いして小さい画面がよさそうに見えるようにしたいと読んだりする人間があったりねと思います。

漫画について特にオッサンは漫画読書の方法として周辺に対しては口に出して言い難いことですから知らないなあって少なくないのではと胸に手を当てて考えてみるとありませんでしょうか?

結構分かっていることとしていわゆる漫画読書対策としてどのようなものがあるかと例えば簡単なスマホを取り出してその他タブレットとかでデジタル流でのやり方しか分からないような人が多かったりするのでは気がします。

普及しているいわゆる漫画を少なくする読書方法としてパソコン等も使い勝手がいいと漫画をキャリア決済で扱うようなことも実際にはする人もけっこうあるという事実にえって思ったりすることって内情としてはなかなか多いのではないでしょうか?

かつてからのスマホ漫画の配信元、例えば、DMMコミックとかDMMコミックといった誰でも知られているところでも入ったらすぐに電子コミックは普通にあり実際にどのような仕様になっているか具体的にそのコミックを知ることがあったりしませんかねえ?

趣味や作者(著者)やイラストなんかについては気にするところですが、いざタブレットスマホ等とか利用して読書を続けると、変化がでてきてしまい結局どのように読書したらいいのか悩ましげという形に実際のところは、あったりするのではないでしょか?

どうしても、譲れないフェチや絵の好き嫌いについてはそれの読書を行ってしまうと、読書を終えてから後悔してしまうこと。抜き終えると、後で更には、気持ちよいなあという状況になってしまうのではとといったことでは?

自身の趣味やフェチや変な癖について人には見せないい自分だけのモノですので、出来たら、なるべくなるべくお金の負担がなく自分だけで、こっそりとそれの読書をしようと考えるようなことは、それなりには、多い気がします。

男性一般一般には、大体は、普通、本屋さんやサイトに購入に出かけたりするのは、数か月に3〜4回くらいが多いのかなと考えますが、そこからわかることは、漫画を読む周期というのは、おおよそには約10冊かとございませんでしょうか?

スマホ漫画というものにおいて、不思議なんですが、小さい画面の片手で操作できるスマホ漫画や、タブレットやPC電子コミック等々といったその端末の相違で、伸びる便利さにその原因に言われるものには、どこでもすぐに買えるということが多いのではないでしょうか?