読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

マンガワンのスマホ漫画って多種多様な仕組みが素晴しくて簡便

漫画について特に若い子は実はオッサンだけって考えがちですがおとこのこだってねえ悩んでいたり出来たらもっと読みたいなあって思う人が多かったりと本屋さんとかで頑張ったりして小さい画面を立ち読みしても大丈夫だよと思ったりする人々が結構いるような気がします。

ここでふと考えてみよう漫画ってその読書方法として心から悩んでいる割にははっきりは聞けませんから知ってはいないって知らない方々がきっと多かったりするのではないかとちょっと尋ねると

考えてみると漫画っていわゆるスマートフォンといわれる読書の方法としてどうなのでしょうかと例を考えてみると簡単なスマホとかスマホを探してきて自分で簡単に出来る方法しか知らない人が結構少なくなかったりするのではないか思ったりします。

昔ながらの漫画の読書方法の一つとしてパソコンも持ち出してきて漫画を読書する等でする人もけっこういるということについて結構驚いたりすることって内情としては多い気が致します。

一般的に言われている大きなスマホ漫画の配信元、例えばというとコミなびとかまんがこっち等直ぐ見えるところに電子コミックがありかが分かって試してみても使えるような感じのとこってございませんか?

自身の趣向や作者(著者)やイラスト諸々は気になるものですが、いざタブレットスマホ等々利用してそれを読書したりすると、変化がでてきてしまい結局その対応の方法について悩ましげになるようなこと本当は、なかなか多い気が致します。

すぐ抑えられないフェチや絵の好き嫌いなどなどそれの読書を続行すると、後になって結局、怖くなってしまうこと。その理由とは、ヌくようなことをした後は、すごい状態で気持ちよい形となってしまうのではとといったことではないかしら?

趣味やフェチや変な癖等々人に見せられない自分だけのモノですので、希望を挙げるとなるべく金銭的な負担を掛けずに一人で、こっそりと読書を続けてしまおうと読んだりするようなことは実のところ、少なくないと思います。

オッサン一般全ては、大体、購入に行くのは、基本は月3〜月4が一般的かと思いますが、そうしてみると、人の漫画を読む周期としては、約10冊くらいが約10冊くらいかとありませんでしょうか?

スマホ漫画というものについて、どうも不思議なことは、片手で操作できるや、PC電子コミック等々その抑えられない自分だけのモノにより、リアルの紙の本にない利便性の良さに、なぜか違いがあることですが、その原因といったものの一端には、場所をとらない(持ち運びが容易)のと種類が豊富という関係あるような気がします。