みゆうのブログ

みゆうの成長日記とママの奮闘記を客観的に

少年ジャンプ+のコミックって希少価値の高い仕組みが優良で可笑しい

結構漫画って若い子特有かもしれませんが男の子だって結構真剣に悩み込んでいたり出来ることならもっと読みたいなあって考える人が多かったり本屋さんとかでもいって小さい画面を立ち読みしても平気だよという方々がなかなか多い気が致します。

ふっと思ってみるとと漫画って漫画読書の方法として結構悩んでいる割には多くの人にはっきりは言えませんから語ることができないって分からんような人が結構多かったりするのではとちょっとお聞きしてみると分かるような気がしています。

普通考えられることとしてどんなものがあるかと例えば簡単なスマホを取ってきてその他手軽に使えるパソコンとかで自分で簡単に出来る方法しか分からない方々って実は少なくないとと思ったりしてます。

かなり伝え聞いている漫画の読書方法としてパソコンとか使用して扱うような方法もする人も多くはあったということに後ほど驚いてしまうことも、実際のところ結構いるような気がします。

かつてからの電子コミック例えばネットには存在するコミなび等誰でもちょっと考えてみたらわかるところでもちょっと見てすぐに電子コミックは普通にあり無料立ち読みでも使えるようなことができたりすること出来たりするなんて感動ですね。

自身の趣向や作者(著者)やイラスト等は気になってはいるものの、いざタブレット等を使ってヌいて読書をすると、かえって変になってしまって結局その対応方法について悩ましげになること実際のところ、ございませんでしょうか?

自分の特殊な趣向や絵の好き嫌いについて読書を続けてしまうと、後になってしまってから後悔後に絶たずと思うこと。なぜといわれると、抜いた後は、もっと気持ちよい状態になるのでは恐れてしまうようなことでは?

どうしても、抑えきれない趣向やフェチや変な癖などは恥ずかしい所ですので、出来れば金銭的な負担を掛けずに自分でそれの読書を続けてしまおうと思うってことは、あったり結構いるような気がします。

オッサン一般全ては、購入に行くのは、月の予定として月3〜月4位が通常かと思いますが、そうすると、人のスマホ漫画の周期は、約10冊が普通ではないかという感じだったりしませんか?

スマホ漫画というものにおいて、どうも七不思議のひとつとしては、小さい画面のスマホ漫画といったものや、特殊な電子コミック等というその抑えられない端末により、その利便性の良さ等、どうしてだか違いがあります。その原因には本を置くスペースが必要ないという影響があるのでしょうか?